冬の寒苦風雪に耐え、百花に先駆けて春一番に香り気高く開花し、立派な実を結ぶ「白梅」は、古来より人の在り方生き方を示唆するとともに、花も果実も重用され人々に多大なる恩恵を与えてくれている。この花実両全の「白梅」を範として、「忍耐」、「努力」、「誠実」、「気品」、「奉仕」を涵養することにより、心豊かで逞しい「社会の役に立つ人材」を育成する。

 生徒一人ひとりが未来に向かって、さらに前進(アドバンス)できる学校「アドバンススクール」の実現のため、次の3つの学校像を目指す。
  1. 自分を生かし、「社会の役に立つ人材」を育成する学校
  2. 厳しい時代を生き抜くための「生きる力」を身に付けられる学校
  3. 地域に根差し、地域に信頼され愛される学校
1.キャリアデザイン力
 将来に夢と希望を持ち、自己実現までの職業人生設計を自ら描ける力
 
2.確かな学力
 自己実現のための基礎学力、思考力・判断力・表現力などの力
 
協働力
 人を思いやり、強い責任感と高い規範意識を持ちながら協働できる
 
4.コミュニケーション力
 自分の考えを的確に発信し、他者の意見を傾聴できる力
 
5.共生力
 外国人の多様な価値観を認め、異文化を理解し、共生社会を実現する力
 
6.貢献力
 地域や社会に関心を持ち、自ら積極的に参画・貢献する力
1.キャリア教育の充実
   社会的・職業的自立に向け、生徒一人ひとりの夢を育み、将来の
  自分を考えさせ、必要な基盤となる能力や態度の育成に努める。ま
  た、併設大学・短大との連携を強化する。
 
2.確かな学力の向上
   わかる喜びと自信をもたせ、よりよく問題を解決する力を養うため、
  基礎学力や思考力・判断力など確かな学力の向上を図る。
 
3.人間関係作りの推進
   温かい人間関係を築くことができるよう、コミュニケーション能力の
  向上や居場所作りに努める。
 
4.特別活動の活性化
   望ましい集団活動を通して個性の伸長及び自主的・実践的態度の
  育成のため、部活動や学校行事等の活性化を図る。
 
5.基本的生活習慣の確立
   他者と協働できるよう、規範意識や自己管理能力を育むため、学
  校のルールを守り、社会のマナーを身に付けさせる。
 
6.国際教育の推進
   グローバル化が急速に進展する中、外国の人々の多様な価値観を
  認め共生できるよう、異文化理解の活動を推進する。
 
7.ICT教育の推進
   社会の高度情報化の進展に主体的に対応できる能力や態度を育
  むため、情報活用能力の育成を図る。
 
8.地域貢献活動の推進
   奉仕の精神を涵養し、豊かな人間性や社会性を高め、達成感や自
  己肯定感を醸成するため、地域社会での奉仕活動や体験活動の推
  進を図る。
 
9.働き方改革の推進
   教職員が健康でやり甲斐が持てるよう業務改善を図るため、校務
  支援システムの導入など職場環境作りに努める。

 冬の寒苦風雪に耐え、百花に先駆けて春一番に香り気高く開花し、立派な実を結ぶ「白梅」は、古来より人の在り方生き方を示唆するとともに、花も果実も重用され人々に多大なる恩恵を与えてくれている。この花実両全の「白梅」を範として、「忍耐」、「努力」、「誠実」、「気品」、「奉仕」を涵養することにより、心豊かで逞しい「社会の役に立つ人材」を育成する。

 生徒一人ひとりが未来に向かって、さらに前進(アドバンス)できる学校「アドバンススクール」の実現のため、次の3つの学校像を目指す。
  1. 自分を生かし、「社会の役に立つ人材」を育成する学校
  2. 厳しい時代を生き抜くための「生きる力」を身に付けられる学校
  3. 地域に根差し、地域に信頼され愛される学校
1.キャリアデザイン力
 将来に夢と希望を持ち、自己実現までの職業人生設計を自ら描ける力
 
2.確かな学力
 自己実現のための基礎学力、思考力・判断力・表現力などの力
 
協働力
 人を思いやり、強い責任感と高い規範意識を持ちながら協働できる
 
4.コミュニケーション力
 自分の考えを的確に発信し、他者の意見を傾聴できる力
 
5.共生力
 外国人の多様な価値観を認め、異文化を理解し、共生社会を実現する力
 
6.貢献力
 地域や社会に関心を持ち、自ら積極的に参画・貢献する力
1.キャリア教育の充実
 社会的・職業的自立に向け、生徒一人ひとりの夢を育み、将来の分を考させ、必要な基盤となる能力や態度の成に努める。また、併設大学・短大との連携を強化する。
 
2.確かな学力の向上
 わかる喜びと自信をもたせ、よりよく問題を解決する力を養うため、基礎学力や思考力・判断力など確かな学力の上を図る。
 
3.人間関係作りの推進
 温かい人間関係を築くことができるよう、コミュニケーション能力の上や居場所作りに努める。
 
4.特別活動の活性化
 望ましい集団活動を通して個性の伸長及び自主的・実践的態度の育成のため、部活動や学校行事等の活性化を図る。
 
5.基本的生活習慣の確立
 他者と協働できるよう、規範意識や自己管理能力を育むため、学のルールを守り、社会のマナーを身に付けさせる。
  
 
6.国際教育の推進
 グローバル化が急速に進展する中、外国の人々の多様な価値観を認め共生できるよう、異文化理解の活動を推進する。
 
7.ICT教育の推進
 社会の高度情報化の進展に主体的に対応できる能力や態度を育むため、情報活用能力の育成を図る。
 
8.地域貢献活動の推進
 奉仕の精神を涵養し、豊かな人間性や社会性を高め、達成感や自己肯定感を醸成するため、地域社会での奉仕活動や体験活動の推進を図る。
 
9.働き方改革の推進
 教職員が健康でやり甲斐が持てるよ業務改善を図るため、校務支援システムの導入など職場環境作りに努める。
PAGE TOP
MENU